聞き流して英語は覚えられるのか

よく聞き流して英語を覚えるような英語教材がありますが、実際に聞き流すことによって英語を覚えることができるのでしょうか?
答えはNOです。

 

外国人2

 

そもそも聞き流すだけで英語を覚えることができるのであれば、今頃誰だって英語を話すことはできるようになりますし、第二の母国語としても有名になります。
英語は聞き取ることが難しく、日本語と英語は発音の音がそもそも違います。
日本語は低く、英語は高いため、英語は聞き取りにくく発音しにくいため日本人は英語を苦手だと考えてしまいます。
さらに言えば子供の頃から英語に慣れており、ネイティブな英語の環境に育っているとかなければ聞き流すだけで英語が話せるようにはならないと感じます。
ですが、英語に慣れるために英語を聞くことはとても大切なことです。
しかし、意味だったりどんな言葉なのかを考えて聞かなければ分からないまま終わってしまうだけですから、考えながら聞くことはとても大切です。
TOEICでは聞き流しながら次の問題にチャレンジをする先読みをする戦法があります。
この方法は時間制限が厳しいため少しでも問題を早く解くための方法です。
このように用途は違いますが、聞き流すことは無駄ではなく大切なこととして使われることもありますので、英語を聞いて慣れることはどのみち重要でしょう。
しかし誰もがすぐにできるようになるわけではないことをしっかり把握しておきましょう。
誰がいつできるようになるかは分かりませんし、個人差ももちろん出てきます。
ですが継続して英語を勉強している人は必ずといっていいほど英語ができるようになっています。
英語ができない人間のほとんどが英語を途中であきらめてしまっているからです。
英語は続けなければ意味がありませんので続けましょう。